エラスチンの3つの働きを知っておこう!

MENU

エラスチンの3つの働きを知っておこう!

エラスチンという名前を聞いたことがある人は多いですよね。では肌にどんな効果があるかご存じですか?エラスチンには年齢肌との大切な関係があるため、エイジングケアが気になる方にはぜひ意識していただきたい成分の一つです。

 

その1:伸縮性がアップする

エラスチンと聞いてもその働きはピンとこない方も多いのではないでしょうか。そもそもエラスチンは網目のように角質層で形成され、コラーゲンの繊維をつなぐ大切な働きをしています。

 

血管や皮膚の弾力を出すための重要なたんぱく質の一種で、肌のエラスチンは加齢とともにどんどん減少してしまいます。エラスチンは例えるとゴムのように伸び縮みする特性があるため、肌に柔軟性を与える効果があります。

 

肌の老化が気になる40代以降になると、なんとなく肌が硬くなるような気がしますよね。これもエラスチンが不足している為。柔軟性を出すことで気になる肌の老化症状を防ぐことができますので、細胞レベルでの若返りとしてエラスチンはスキンケアでは欠かせません。

その2:コラーゲンとの大切な関係

エラスチンとコラーゲンにはとても重要な関係があります。コラーゲンは肌の弾力を出す美肌成分としても有名ですが、エラスチンと絡みつくことでさらに弾力がでるとい相乗効果があります。

 

コラーゲンだけだと細胞を支える力が不足するため、エラスチンを一緒に与えることで肌の弾力アップがさらに効果的になるのです。エラスチンは他の美肌成分と同様に体内で発生する悪玉活性酸素により破壊されています。紫外線やストレスなどによりお肌にも悪影響がありますので、スキンケアで足りない成分を補うことが効果的なアンチエイジングなのです。

 

エラスチンはコラーゲンと一緒に機能している特徴がありますので、化粧選びの際には二つの成分が配合されたものがオススメです。

その3:シワ予防

エラスチンはコラーゲンとともに肌のハリをだす働きをしています。スプリングのように角質層内で弾力を出すため、肌を下から持ち上げるようなハリ効果があります。年齢とともに気になる老化、エラスチンが不足してしまうと他の美肌成分を頑張って与えても決して効果的なアンチエイジングはできません。

 

シワ予防のためにもエラスチンのサポート力が必要になりますので、コラーゲンなどの美肌成分と同時に摂ることが大切ですね。肌を触ると跳ね返すような力は年齢とともに減少してきます。しかしエラスチンを与えることで真皮の伸縮性がアップしますので、シワ対策には絶対に欠かせない成分です。

関連ページ

注目成分ヒアルロン酸の3大効果
スキンケア商品の配合成分で必ず目にするのがヒアルロン酸。オールインワンゲルの商品にもほとんどこの成分が配合されています。でも実際にヒアルロン酸はどんな働きをするか知っている人は意外と少ないですよね。早速3大効果についてご紹介しましょう。
アミノ酸の美肌3大ポイントをチェック!
オールインワンゲルの人気ランキングを見ると、アミノ酸が配合されたアイテムがありますよね。アミノ酸と聞いてもピンとこない方も多いと思いますが、美肌には欠かせない成分の一つとして近年注目をされています。
ビタミンC誘導体の知っておきたい3つの効果
ビタミンCはお肌によい成分としてお馴染みですよね。最近では色々なタイプのビタミンCがあるため、化粧品を選ぶ時もちょっと迷ってしまいませんか。そこでアンチエイジング効果が高いといわれているビタミンC誘導体についてご紹介しましょう。
オールインワンゲルって何で一つでスキンケアができるの?
時短のスキンケアが魅力のオールインワンゲル。でもスキンケアを手抜きしているような不安を感じる方も少なくはありません。そこでオールインワンゲルがなぜ一つでスキンケア効果があるのか、その理由についてまとめてみました。