美白を目指すなら「薬用」オールインワンゲルを選ぶ!

シンプルケアが特徴のオールインワンゲルですが、近ごろは美白ができるものも登場しています。化粧品で美白と言う場合

・メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ
・日やけによるシミ・ソバカスを防ぐ
・メーキャップ効果により肌を白く見せる

ことを指し、厚生労働省で効果が認められた有効成分が配合されたものが「薬用」化粧品です。美白を目指す場合には、「薬用」「医薬部外品」の表示をまず最初にチェックするのがポイントですよ。

厚生労働省で効果が認められている美白有効成分には次のようなものがあります。

アルブチン
エラグ酸
ビタミンC誘導体
コウジ酸
プラセンタエキス

ビタミンC誘導体とは、不安定なビタミンCを安定化させ、皮膚に吸収されやすくした成分。水溶性と油溶性、その両方の性質を持つものの3つがあり、具体的な成分としては次のようなものがあります。

リン酸型ビタミンC
アスコルビン酸グルコシド
アスコルビルエチル
ステアリン酸アスコルビル

美白効果の期待できる薬用オールインワンゲルの中でも、特に人気の高いホワイトニングリフトケアジェルには、シミを防ぐ美白有効成分プラセンタエキスとグリチルリチン酸自カリウムが配合されています。水溶性コラーゲンやヒアルロン酸Na、紫根エキスや桜葉抽出液などハリ・つやを保つ潤い成分も配合されているので、美白を意識したエイジングケアが可能。マッサージにも使えるので、ワンランク上のエイジングケアを目指す方にもおすすめです。

エイジングケア効果に定評のあるパーフェクトワンには4タイプがあり、「パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル」には、メラニンの生成を抑えるアルブチン、紫外線ダメージによる肌荒れを防ぐトラネキサム酸と2つの有効成分が配合されています。有効成分がシミの発生源まで届くスムーズアプローチ処方の採用で、効果を実感しやすいのも魅力ですよ。複合型リフティングコラーゲンEXなど55種類の保湿成分を配合しているのでエイジングケア効果もバッチリ。美白とエイジングケア両方を目指す欲張りな方はぜひ試してみましょう。

カテゴリー: 日記 パーマリンク