オールインワンゲルがエイジングケアによい理由

オールインワンゲルと言う言葉自体は知らなくても、具体的な商品については新聞広告やテレビCMなどで見たことがあると言う方は多いのではないでしょうか。「オールインワン」とは化粧水や美容液、乳液、クリームなど基礎化粧品のすべての機能をひとつにまとめた化粧品のことで、オールインワンジェルと呼ばれることもあります。

これまでスキンケアと言えば、洗顔が終わった後、まず最初に化粧水を使い、美容液や乳液などを順番に馴染ませていき、最後にクリームで仕上げ、というのが一般的な手順ですよね。年齢を重ねてシミ・シワやたるみなどの「年齢肌悩み」が気になり始めると、シンプルなスキンケアに物足りなさを感じ、使用ステップの多いエイジングケア化粧品を使い始める方も多いでしょう。もちろん、肌状態に合わせて基礎化粧品を見直すことは重要なのですが、丁寧なスキンケアが実は肌に負担になっていることもあるのです。

使用ステップの多いスキンケアは、肌に触れる回数が多くなりがちです。やさしく触れているつもりでも、知らず知らずのうちに「摩擦」という名の負担をかけているわけで、この点はスキンケアの課題となっていました。

また、仕事に家事に大忙しの現代女性にとって、毎日のスキンケアは意外に負担の大きいものです。エイジングケア化粧品を使い始めたものの、あまりの大変さに使うのをやめてしまった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。介護などを抱えている場合には、シンプルなスキンケアさえままならないこともあるでしょう。

そんなとき心強い味方になってくれるのがオールインワンゲル。最近ではエイジングケアに効果的な成分を配合した製品も増え、大人の女性たちに支持されています。

オールインワンゲルはスキンケアの時間が短縮できるのはもちろん、肌に触れる回数が少ないため、摩擦による負担が少ないのもメリット。スキンケアに自信のない方も、効果的なスキンケアが可能です。母娘でオールインワンゲルを愛用しているご家庭も増えています。

オールインワンゲルが若い世代の使うお手軽アイテムだったのは過去の話。今や大人女性がエイジングケアに使うアイテムへと進化を遂げているのです。

エイジングケアのために!オールインワンゲル選びのポイントを解説

ひとつですべての基礎化粧品の機能を果たすオールインワンゲルは、肌に与える負担が少ないことからエイジングケアのおすすめアイテムです。ただし、大事なことは「エイジングケアによいオールインワンゲルを使っているかどうか」と言うこと。オールインワンゲル人気の高まりを受け、ドラッグストアには1,000円以下で購入できるプチプラのオールインワンゲルも数多く売られていますが、年齢肌悩みを抱えた肌にはエイジングケアに使えるものを選ぶのがポイントです。

エイジングケアのためのオールインワンゲル選びには、エイジングケアに特化したオールインワンゲルの人気ランキングが参考になるでしょう。例えば「オールインワンゲル人気ランキング|効果的にエイジングケア」のランキングサイトですね。単に「人気ランキング」と言うだけではエイジングケアの参考にはならない場合があるため注意が必要です。

効果的なエイジングケアのためのオールインワンゲル選びは、なんといっても配合されている成分が最重要。化粧品の配合成分は量の多い順番に記載されていますので、順番にも注意しながらチェックしてみましょう。例えばメディプラスゲルの場合には「水」が最初に記載されており、セラミドやヒアルロン酸などエイジングケアに欠かせない成分が愛号されていることがわかります。さらに植物由来成分などハリや弾力、角質をやわらかくする成分などが配合されていることがわかります。66種類もの美容成分を配合している一方で、防腐剤やアルコール、合成香料や着色料など肌に必要のない添加物は一切入っていないため、敏感肌でも安心して使える処方が魅力です。

エイジングケアのためのオールインワンゲル選びは、人気ランキングを参考に、

・エイジングケアに必要な成分が配合されている
・肌に不要な成分が入っていない

ものを選ぶことが大切。この2つを最低条件として

・魅力的な独自成分が配合されている
・浸透力を高める工夫がある
・化粧下地やパックなどにも使える
・コスパが良い

などのプラスアルファの機能で選ぶのがおすすめです。